働き方

フリーランス初心者が新規案件を獲得する方法

  • LINEで送る
Pocket

皆さんこんにちは。
今日はフリーランス初心者が、新規案件を獲得する方法について紹介します。

実績がない中で、どういうアクションをすれば仕事を受注することができるのでしょうか。今回は、筆者がフリーランスのライターとして独立した頃の体験談をお伝えします。

■新規案件を獲得する方法

新規案件を獲得するために筆者が実践した方法を3つご紹介します。

・特定分野の専門家として、新規営業をかける

独立した頃は、飲食業界にターゲットを設定してライター業を開始しました。いきなり新規営業はかけていません。

まずは優先したのは、特定分野の専門家になることです。フォロワー数が数十万・数百万レベルのインフルエンサーではなく、ニッチな分野の口コミサイト、SNSの特定コミュニティで有名になることを目指しました。

具体的には、専門性の高いグルメ情報を発信。あまり先駆者がいない1つのテーマを深く掘り下げたコンテンツが評価されました。
3ヵ月ほどかけて、一定のフォロワー数を獲得することに成功。これを武器にポートフォリオへ組み込んで、有名なグルメ系の情報メディアにアプローチを仕掛けていきました。ライター(専門家もしくはインフルエンサー系)募集中、またはライターを必要としていそうな媒体を選定しました。

内容は食レポや飲食店への取材、コラム記事の制作を担当させて欲しいという趣旨のものです。結果としては2つのメディアで取引をさせて頂くことになりました。

・既存の人脈を活かして、数珠つなぎでビジネスを拡大

会社員時代の取引先でも、信頼を置いて頂いていたお客様へフリーランスになったことを連絡していきました。ちなみに筆者は広く浅くよりも、狭く深くという人間関係を好んでおり、お客様とはプライベートでも食事をすることが多々あります。

このような機会では、WebサイトやSNS運営に関する悩みを聞くことが多かったため、お役に立てるのではとお声がけしました(なおライター業は前職とはまったく異なる職種です)。
お付き合いの延長線で、ライティングの案件を依頼して頂けました。それだけではありません。グルメ関連のイベント企画に関するご相談、さらには関連会社のご紹介もして頂けました。

新しい人脈を作るのは大変です。しかし既存の人脈から数珠つなぎをしていくことで、信頼関係をベースに案件を獲得していくことが可能です。

・今までのノウハウを体系化してセミナー開催

フリーランスの経験はなくても、今までのノウハウ、知識で教えられることはないかと考えました。またフリーライターやグルメライターは数多います。どうすればライバルと差別化できるのかを探ってみました。

筆者の得意分野はグルメ以外にマーケティングや速読法、アイデア力などがあります。こういった領域をテーマに、ブログやSNSで記事を投稿していきました。

すると友人・知人から詳しく教えて欲しいという声が上がるようになり、なんとセミナーを開催することに。セミナー受講者からは、個人コンサルや特化ブログのライティング依頼も頂けました。こういった活動を続けることで企業や医療機関でのセミナー講師、某専門学校の非常勤講師を勤める運びにもなりました。

■フリーランス初心者が持つべき仕事受注の考え方

フリーランス初心者や、はじめて開業をする方に向けて、新しい仕事の受注方法を紹介しました。
開業当初は成功以上に、新規案件の獲得に失敗を重ねています。いずれにしても他人と同じ方法ではなく、自分のスキルやキャリア、性格を活かした案件獲得方法を探ったことが功を奏しました。

どうすれば自分らしく勝てるのか、お客様の役に立てるのかを考えることが重要です。ぜひ参考にしてみてください。

  • LINEで送る
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

コメントを残す

*

CAPTCHA