働き方

【初めてのフリーランス】確定申告って私も必要?

  • LINEで送る
Pocket

「確定申告って何をすればいいの?」「私って確定申告する必要あるの?」
副業で初めて収入があった人や、フリーランスになったばかりの人にとって、確定申告はわからないことだらけですよね。そんな疑問を解消すべくこの記事では、確定申告が必要となる要件から手続きの方法や必要な書類まで、説明していきます。

■確定申告ってそもそも何?

対象となる年の1月1日から12月31日までの1年間の所得の金額と、それに対する所得税(復興所得税含む)を計算して申告する手続きです。所得とは収入から必要経費を差し引いた額のこと。所得のある人は基本的に全員、確定申告が必要なのですが、会社員の場合、年末調整を行うことで会社が代行しています。

■確定申告が必要な人とは?

次の人は必ず確定申告を行わなければいけません。
・自営業、フリーランスなどの個人事業主で48万円以上の所得がある人(赤字でも申告を行うことで、源泉徴収された所得税から還付を受けられる場合があります)
・会社に勤めているが、副業や副収入で合計20万円以上の所得がある人
・会社に勤めていて2000万円以上の給与があった人
・株取引で一定の利益があった人
・不動産による収入があった人
・公的年金による収入が400万円以上の人 など


要件に当てはまる人が申告を怠ると、本来の税額に上乗せして無申告加算税や延滞税といったペナルティーを受けて良いことは何ひとつないので、絶対に期限までに申告しましょう。

■確定申告をして還付を受けられる人は?

次の人は確定申告をすることで、お金が戻ってくることがあります。

・年の途中で退職して再就職していない人で、所得税を納めすぎになっている人
・ふるさと納税など寄付をした人
・医療費が10万円以上かかった人
・住宅ローンのある人(会社員の場合2年目以降は年末調整で計算するので不要) など


会社員で年末調整をしていても、これに当てはまる場合は確定申告をした方が良いでしょう。

■確定申告はいつまでに?

2020年分の確定申告の提出期間は、2021年2月16日から2021年3月15日です。間に合わないということが無いように、計画的に必要書類を準備していきましょう。

■よく聞く青色申告とは?

青色申告とは、簿記と呼ばれる方式で帳簿をつけておくことで、透明に正確に申告を行う方法のことを言います。手間がかかる分、最大65万円の特別控除を受けられるという大きな特典が付いてきます。

簿記の専門知識がなくても、会計ソフトによっては、家計簿感覚で日々入力していけば、自動で記帳をしてくれるものもあるので、検討してみてはどうでしょうか。青色申告をするには申請が必要で、申告する年の3月15日までに管轄の税務署に申請する必要があります。なお、青色申告をしない場合の申告は「白色申告」と呼ばれます。

■確定申告に必要なものは?

確定申告書には、収入や所得と控除の金額を記載する必要があります。
そのため、確定申告に必要なものは、この収入や所得、控除に関する金額を証明する書類が中心です。

①共通で必要なもの
確定申告書、本人確認書類、マイナンバー確認書類、還付がある場合は振込口座の分かるもの、印鑑(ゴム印不可)が必要です

②給与や報酬がある場合
給与の収入がある場合は「源泉徴収票」、報酬などの収入がある場合は「支払調書」が必要です。

③事業所得などがある場合
白色申告の場合は「収支内訳書」、青色申告の場合は「青色申告決算書」を作成します。年間の事業収入と事業のための費用を記載し、所得税の金額を計算する書類です。作成は国税庁のHPから行えます。白色申告の場合は特に、事前に領収書を項目別に整理し表計算ソフトなどで集計して、準備しておくことをお勧めします。
ちなみに、領収書は提出の必要はありませんが、定められた期間保管しておく必要があります。

④控除を受ける場合
医療費が10万円以上かかった場合は「医療費控除の明細書」や「領収書」などかかった医療費が分かるものが必要です。また、ふるさと納税などで寄付を行った場合、寄付した団体から交付を受ける「寄付金の受領書」が、住宅ローン控除を受ける場合は「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」と「住宅ローンの残高証明書」が必要です。年末調整をしていない場合は、「社会保険料控除証明書」、保険会社が発行する「生命保険料や地震保険料の支払額の証明書」なども必要です。見つからなければ、早めに発行元に確認もしくは再発行のお願いをしてみましょう。

■確定申告の方法は?

申告の方法は大きく3つあります。それぞれに特徴があるので、自分に合った申告方法を選ぶと良いでしょう。

①窓口で提出
税務署のほかに、市区町村レベルで特別会場を設置していることが多くあります。申告書類の作成方法が分からなければ聞きながら作成できるので、初めての方にはオススメですが、毎年混雑しますので、時間には余裕を持って提出に行くと良いでしょう。事前予約が必要な会場もありますので確認してみてください。

②郵送
国税庁のホームページ上で確定申告書や収支内訳書等を作成してプリントアウトできるようになっています。作成した書類に押印して必要書類を添付して郵送で完了です。順番待ちや混雑を避けられるので、慣れている人には良いかもしれません。

③インターネット
郵送と同様に国税庁のホームページ上で確定申告書や収支内訳書等を作成して、インターネット上で提出する方法です。
利用するには事前に税務署に行き本人確認を受けてe-TaxのIDを取得すること、もしくはマイナンバーカードとICカードリードライターという読み取り装置が必要になります。初めての人にはややハードルが高いかもしれませんが、最先端の技術をぜひ試したいという方はトライしても良いかもしれません。

■必要な場合は早めに準備

確定申告の基本的なことについて説明しましたが、いかがでしょうか。必要書類の準備や、事前の集計など時間を要するものもあります。特に初めての方は、早めに取り掛かると良いでしょう。

初めてだと分からないことだらけだと思いますが、ひとつずつ調べながら聞きながら進めていけば、だれでも必ず終えることができます。毎年必要になる重要な仕事のひとつですので、どうせなら学びの機会ととらえて前向きに取り組めると良いですね。

  • LINEで送る
2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

コメントを残す

*

CAPTCHA