体験記

【体験記】株式会社キャロットが紹介するお仕事に行ってみた。

  • LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。最近スギ花粉が落ち着き、ようやく目のかゆみ・くしゃみとさよならしました。チャンです。
今年もかなり辛かった…。

今回は、株式会社キャロットが紹介しているお仕事に、実際に行ってみました!
株式会社キャロットは「業務委託」のお仕事をメインで紹介しており、
会社員でもできる副(複)業、フリーランス・フリーターなどが兼業できるお仕事など様々な仕事を紹介しています。

今回のお仕事は、”LAN配線整線作業”ということだけ聞いていたのですが…
なにをやるか全く想像がつかない…。

服装は動きやすい格好。持ち物はメモ・ペン、作業用手袋(コンビニでも売っている滑り止めがついてるもの)、上履き。
今回の現場は学校だったのですが、普段中々入れない場所に行けるというのも、
こういう仕事の醍醐味な気がします。

前日に入念に当日の場所を確認し、一緒に行くG氏と待ち合わせ時間・場所を決めたのですが、夜は緊張で中々眠れず…。
今回のお仕事は、出発時・到着時・退館時にメールで報告をする業務も付随していたので、絶対に忘れないように予めグーグルカレンダーに入れておきました

当日はかなり早起きをし、入念に持ち物をチェック。
通勤ラッシュ時と重なるので、早めに家を出ました。

学校に着いたのですが、あれ!?ここは正門じゃないという看板が…
ここで若干焦りましたが、急いで正門にまわり無事に当日一緒に作業するメンバー・リーダーの方と合流。
ここでも忘れずに到着した報告のメールをします!

学校に到着し、いざ作業開始。
今回は学校のパソコン室が作業場所です。
あの頃の時間を思い出し、若干エモい感情になったのですが仕事に集中します。

まず室内の絨毯をはがし、床を開けてパソコンに繋がっていたであろうケーブルたちを確認します。
今回対応したのは、これまで使っていたLANケーブルを新しいものに入れ替える作業。
初めて行う作業ばかりでしたが、周りの方が分かりやすく説明してくださったり、分からないことを質問すると丁寧に教えてれました。
こういうお仕事ではかなり「コミュニケーション」が大きく重要となってきます。

私は、LAN配線に関しての知識や経験はゼロでしたが、コミュニケーションをとりながら作業をし、手が空いたら積極的に「なにかやることありますか?」と聞いて作業を乗り切ることが出来ました。

今回勉強になったのが、LANケーブルを作る際の手順です。
みなさん、こういうケーブル見たことありますか?

これを作る作業が発生したのですが、恥ずかしながら私はこれが人の手でつくるものではないと思っていた(機械が勝手に作ってくれる)ので結構衝撃でした。

この色の順番を絶対に間違えないことと、かぶせているプラスチックのものをしっかりと奥まで入れることが重要で、少しでも間違えるとLANケーブルとして機能しなくなってしまいます。
作った後必ず確認することも重要ですね。

今回感じたこととしては、
・コミュニケーションが重要
・業務への積極性
・依頼されたことを漏れずにすべて行う
というところでしょうか。

出退勤メールも、忙しい朝ですと忘れがちですが
これを失念するだけで信用が無くなってしまう場合もありますので…
「業務委託」とは、依頼された業務を完遂して報酬をもらうということ。
いつも依頼し対応していただいている方々には改めて感謝申し上げます。

この体験記はシリーズ化の予定!
次回もお楽しみに。

株式会社キャロット:http://nin-jin.co.jp

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

コメントを残す

*

CAPTCHA