就職

【就活】2023年卒はどうなる?22年選考までに3種の項目をチェック!

  • LINEで送る
Pocket

就職活動にも大きく影響を与えているコロナウイルス。2023年卒業予定の人の中には、すでに夏のインターンシップを終えて最終調整に入っているという人も多いことでしょう。
企業の最新情報をチェックすることは大切ですが、周りに差をつける対策を行なって、万全な体制で選考に進みたいものです。
そこでこの記事では、2023年の就職活動スケジュールと、忘れずに確認したい3種のチェック項目についても解説します。また、将来を見据えた働き方のヒントもあわせてご紹介。
ぜひ記事を最後まで読んで、充実した就職活動に役立てましょう。

2023年卒の就活事情を先読み!

内閣官房が取りまとめた資料によると、2023年の就職活動スケジュールは例年どおりです。
以下の表で、2021年秋冬以降のスケージュールをみていきましょう。

「2022年度卒業・修了予定者の就職・採用活動日程に関する考え方 ポイント」内閣官房ホームページ)をもとに作成

夏のイメージが強いインターンシップですが、秋冬に募集をかけているところもあります。

おすすめしたいのは、この秋冬インターンシップに参加すること。

先に紹介した内閣官房資料では、秋から採用活動をすることも推奨しています。企業はいち早く優秀な人材を確保したいと考えているため、秋冬インターンシップで採用者を獲得することも念頭に置いているのです。
場合によっては、インターンシップの期間内に内々定をもらえることもあるでしょう。

秋冬インターンシップを経験すると、さらに以下のメリットが期待できます。

  • 実際の業務に近い職場体験ができる
  • 選考を疑似体験できる
  • 最短1日で体験できるところもある

    夏のインターンシップで思うような収穫が得られなかった人も、秋冬インターンシップで挽回しましょう。

22年夏の選考までにしたい3種のチェック

2022年の選考前までには、企業チェック、エントリー準備、オンライン面接対策を行っておきましょう。下に挙げたチェックリストを参考に、もれなく対策しておくと安心して選考に臨めます。

上記3つのチェック項目のうち、入念にチェックしたいのは企業に関する情報です。

その企業で働くのはなぜか?
働く仲間を同じ船に乗る同士と考えられるか?
生涯にわたってプラスになるスキルを身につけられるのか?
これらの点をよく考慮に入れて、慎重に選びましょう。

働き方をもとに企業選びをしたい人に役立つ記事はこちら!
内部リンク:https://bit.ly/3chXJvy
オンライン面接対策を強化したい人に役立つ記事はこちら!
内部リンク:https://bit.ly/3nlFsUJ

2023年以降を見据えて戦略的な就活を

就職活動の時期は、どうしても目の前の状況ばかり考えがちです。
しかし、ウィズコロナの生活様式まで視野に入れておかなければ、せっかく手にした雇用の機会も重荷になってしまいかねません。

例えば、ギグワークフリーランスのお仕事。そのような新たな働き方も視野に入れつつ、就職活動を行うのは賢い選択と言えるでしょう。
これまで単発、もしくは案件毎の仕事は、安定性がないと思われてきました。しかし、このコロナ禍でその見方が変わりつつあります。多くの人が注目しているのは、スキルベースでキャリアアップできるという点です。

スキルがあれば、他の就活生よりもアピールポイントが高くなり、より多くの雇用機会獲得に繋がります。将来のキャリアアップ形成にも役立てられるため、ぜひ就職活動中からさまざまな働き方の知識を増やしておきましょう。

ギグワーク体験談を読みたい人はこちらをチェック!
内部リンク:https://bit.ly/3Ck2Tli

まとめ

コロナの影響で不安も多い2023年の就職活動。今後、新たな指針が発表されない限りは、例年通りのスケジュールで行われる見通しです。
秋冬インターンを上手に活用し、就職活動に必要な情報収集・書類準備・面接対策に取り組んで、抜かりなく準備をしておきましょう。

また2023年以降まで見据えて、多様化する働き方にアンテナを張っておくのも賢い方法です。就職活動と合わせて取り入れるなら、必要な時にシフトチェンジする余裕も生まれるでしょう。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コメントを残す

*

CAPTCHA