用語

ギグワーキングという言葉はどこから生まれたのか

  • LINEで送る
Pocket

海外ではギグエコノミーという言葉が頻繁に叫ばれるようになってきました。今回はその中でもギグワーキングという新しい用語について解説していきます。

スポンサードサーチ

1.ギグワーキングとは

ギグワーキングとは主に、単発的な仕事を指します。

Gig(単発)+Working(仕事)を掛け合わせた造語ですね。

ギグワーキングをする人たちのことをギグワーカー、またギグワーキングが存在する社会のことをギグエコノミーと呼ぶわけですね。

2.ギグワーキングはもともとあった?

世界で見ると、ギグワーキングの定義はインターネットを介して仲介を挟んで行うことがスタンダードです。これに近いものは「アウトソーシング」や「クラウドソーシング」といった言葉ですでに表現されていました。それをより包括的に、かつ新しい用語で説明したのが、このギグワーキングという言葉になるでしょう。

スポンサードサーチ

3.ギグワーキングの多様化

ギグワーキングの種類はIT技術によって加速度的に多様化しています。もともとはITやクリエイティブな業界に特化していました。ですが、現在ではUber Eatsの運送業務を筆頭に、誰にもできる仕事も増えてきています。これが、今まで使われていた「アウトソーシング」や「クラウドソーシング」といった表現からギグワーキングという用語に移り変わってきた要因かもしれませんね。

また、ギグワーキングの大きな特徴に、短時間で仕事を終えられることが挙げられるでしょう。即金性が高いとともに、副業としてのハードルもそこまで高くないです。ギグエコノミーでは個人の特長を生かした働き方、ライフスタイルが送れるようになってきています。

まとめ

ギグワーキングが浸透していくと、さらに働き方が多様になっていきます。今や大企業でも倒産する時代です。より個人の実績や能力が問われる時代になりつつあるので、自分がどういう風に稼いでいくのかを検討する必要性が高まってきました。その選択肢の1つにギグワーキングという考え方を持っている人と持っていない人とでは働き方の自由度が大きく変わってくるのではないでしょうか。

  • LINEで送る
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA