用語

次世代の単発仕事、「ギグワーク」とは

  • LINEで送る
Pocket

今までは単発の仕事といえばイベントスタッフや在庫管理等の派遣業が多かったように思えます。しかし、インターネットの急速な発展により、クリエイティブなデザイナー職の仕事やプログラミングやライティングのようにオンラインのみで完結する案件など、様々な働き方が増えてきました。

そこで、今回は次世代の単発仕事とも呼べるギグワークについて解説していきます。

スポンサードサーチ

単発仕事の種類

お金は欲しいが、アルバイトやパートタイマーのように長期的に働くのは難しい…そう言った場合に用いられるのが単発のお仕事です。そこで、まずは単発仕事の従来の形と新しい形を解説していきます。

今までの単発仕事

従来の単発バイトでは派遣会社が仲介して行うものが基本でした。在庫管理やピッキングといった作業系のもの、イベントスタッフなどの人員が手薄になりそうなものが多かったでしょう。派遣と呼ばれる雇用形態が今までの単発仕事でした。

次世代の単発仕事

それに対し、次世代の働き方として注目が集まっているギグワークはもっと広範囲的なものになりました。インターネットにより人手の欲しい雇用側と働きたい求職者側がマッチングしやすくなったことで、より幅が広がったとも言えるでしょう。単純作業だけでなく、スキルや経験を生かせる仕事も増えています。

ギグワークのメリット

従来の単発仕事も良いですが、より幅が広く選択肢が増えたのがギグワークといっても差し支えないでしょう。そこで、今までの単発仕事とは違う、ギグワークのメリットについて解説していきます。

自分に合った働き先を選べる

まずは間違いなくこのメリットが挙げられます。特に飲食業でギグワークを採用する雇用者が増加傾向にあり、飲食店に特化したマッチングサービスもあるくらいです。そのため、自分が働きたい業種や環境を選べるようになったのは大きなメリットです。

スキマ時間を有効に使える

ギグワークのサービスの中では面接なしでいけるものも数多くあります。また、派遣のようにシフト制などもないため、自分のタイミングで働くことができるのは大きなメリットです。インターネットの普及によってより稼ぐ手段が増え、働きやすくなったとも言えるでしょう!

スポンサードサーチ

まとめ

今回は次世代の単発の仕事としてギグワークについて解説しました。派遣業だけではなく、いろいろなサービスがあるため、ぜひ検索してみてください!

また、ギグワークでは活躍によって正規雇用される事例もあるとのこと。そういった意味でも、ギグワークはしっかり稼ぎつつ、自分らしい働き方を見つけられるきっかけになることでしょう!

  • LINEで送る
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA