働き方

新しいワークスタイル。「ギグ」とは

  • LINEで送る
Pocket

現在、日本でも働き方改革が施行され、「フリーランス」という言葉に聞き馴染みが多くなってきました。ですが、アメリカなどの先進国に比べ、働き方改革はまだまだ固定されているように思えます。そこで、新しいワークスタイルである「ギグ」という働き方について解説していきます。

スポンサードサーチ

1.”Gig(ギグ)”とは

”Gig”とは主に3つの意味があります。

1 一時的・偶発的な仕事

本サイトで取り上げる「ギグ」はこの意味ですね。もともと、音楽やエンターテイメント業界の言葉であり、その永続的でない、単発の仕事をGigと表現していたようです。これが、ITやコンサル業界にも広まっていったのではないかと考えられています。

2 アーティスト活動

ライブやコンサートといった言葉と同義で使われています。また、クラブやパーティーに行く際にも”Gig”といった表現をする場合もあるとのことです。

2.”Gig”が生み出す未来

ギグは雇用者側と労働者のどちらにとってもメリットがある新しいワークスタイルです。資本主義社会である以上は、コストをなるべく抑えたい雇用者側と、稼ぎたい労働者のニーズは不変的なものです。ギグという新しい仕事のスタイルは今後の働き方を大きく変えることのできる1つの選択肢になるのではないでしょうか。

  • LINEで送る
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA