働き方

副業始めたい!そんな時に「会社員が気を付けること」とは?

  • LINEで送る
Pocket

皆さん元気にギグってますか?
しんちゃん先生です。
今回は、サラリーマンの立場で副業をする時に注意してほしい点を書きたいと思います。
最初に注意しないといけないのは、会社が副業を認めているか否かです。

会社に副業を認められていない場合

認められていない場合は、今の所法律上では解雇する口実にはならないと思いますが、それでも会社での立場は悪くなります。
就業規則に副業禁止の文言がある場合は、規則違反となり解雇の対象になります。
また、上手く隠していても住民税支払いの時期になると、会社に通知が届きバレてしまう可能性もあります。この時は住民税の通知は、自宅に届けてもらうよう届け出を出す必要があります。

仮に認められていても…

認められている場合でも、自分が在籍している会社と同じ業界の企業での仕事や、同じ職種などは避けた方が無難です。

情報漏洩など何かあった場合は、情報漏えいの疑いをかけられます。
また就業規則に、同業種での就業を禁止する項目がある場合は、解雇の対象になる場合もあります。
副業をする前に、一言上司に相談するのも状況によっては必要な選択だと思います。

パート・アルバイトを選択した場合

アルバイトやパートで人に雇われる場合でも、住民税や社会保険料の金額に齟齬が生じてバレる可能性が高いです。
また、バレなくても社会保険料がアップして生活を圧迫しては、元も子もないです。

確定申告の重要性

売上が年間20万円を超えると、納税の義務が発生し確定申告を行う必要があります。
なお、無視したくなりますが、国はしっかり見ているので、悪質な場合は調査され、会社に通知が届き、そこでバレてしまい最悪懲戒の対象になるかもしれません。

最後に、いくら副業が可能でも、やり過ぎて体調を崩してしまっては、プロ失格です。みなさん体は最大の資本なので体調管理に気をつけて頑張ってください。

  • LINEで送る
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA